This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more

二十世紀梨の大袋掛け

x

120527小袋掛け作業~756二十世紀

梨専業の方は先に摘果をしてから袋掛けをするようですが、私は栽培面積が少なく未だにアマチュアの域を出ないので、摘果と小袋掛けを同時進行で行います。と言うのは、梨はりんごより葉が大きく、先に摘果をして1個になってしまうと何処に果実があるか判らなくなってしまうからです。また果実の付き方もりんごの様に放射状になってくれないので、良い物が取れると言われている2~6番果を探すのも大変です。ただでさえ苦手な作業の中で(当者比)、20世紀の袋掛けは最難関の作業ですorz
尚、袋を掛けずに栽培された20世紀は「サンセーキ」と呼ばれています。決して「3世紀」ではありません、念のため(笑)
x

【日本 鳥取】東部最大味果園 摘梨體驗 (二十世紀梨 梨狩り) 鳥取市.鳥趣事

20世紀梨需以人工授粉,每顆梨都以紙袋包起來
成熟後也是人工摘採
20世紀梨之花是鳥取的縣花

味果園(みかえん)

時期:8月1日~11月下旬(二十世紀梨及其他品種) 
場所:鳥取市福部町湯山1206

鳥取市.鳥趣事
x

【ハレアメ第四号】特集・梨農家 米澤誠一/弟子 さんちゃん_2019年9月1日発売

第一次産業をより身近に感じてもらいたい。
その思いから始まった、ローカルカルチャー誌「ハレアメ」
今回で第四号となりました。

徐々に取り扱ってくださる書店さんも増え、遠方へのお土産に購入したという嬉しい声もいただいています。
ありがたや。続けるって大事ですね。

さて第四号の特集は、梨農家の米澤誠一さんと、その弟子さんちゃん。

その道40年の大ベテランで、今も鳥取の梨栽培のトップランナーです。
人気品種「新甘泉」の開発にも関わりました。

60歳を越えてもなお衰えない梨づくりへの情熱と、これから先を担う若い世代への思いをお聞きしています。

鳥取に暮らすひとびとの必需品を紹介する「わたしの道具調べ」は鳥取県庁職員の蓼本宏一さんにお伺いしました。
過去の出向から「ガイナーレの人」と呼ばれる異色の職員の蓼本さん。
人生、人と会ってなんぼと語る彼の必需品は?

本誌には自然によりそった人々の営みを「文化」として紹介し、生産物(=作品)をより楽しめるよう、レシピも掲載しています。

今回は20世紀梨を使ったレシピをご紹介。
「20世紀梨とキウイのサングリア」
「爽やかな梨のポークソテー」
「梨のコンポート」
の3品です。梨の新しい美味しさをご堪能ください。

2019年9月1日(日)発売
購入または取扱店につきましては、下記URLよりお問い合わせください。

〈ハレアメHP〉
x

120526小袋掛け作業~1003金星

最近のりんごは袋を掛けないで着色させる「サン○○」が主流ですが、中には袋を掛けないといけない品種もあります。この金星という品種は袋を掛ける事によって、非常に美しい黄色の外観になります。しかしこの小袋を掛けた後、更に大袋も掛けなければならず、非常に手間のかかる品種です。和梨、西洋梨、カリン(マルメロ)にも袋を掛けますが、年間の作業量としては少ないので、何時まで経っても上達しない苦手な作業ですorz(当者比)
x

鳥取 梨狩り園 大山觀光農園 倉吉巿 20世紀 梨紀念館

大山觀光農園 梨狩り園

梨農家の袋掛け作業を、ぬるく直撃しました。

アグリネット琴浦はブルーベリーの生産者です。あわせてブルーベリージュースや梨ジュースも販売しています。

話題のあま~い梨たち、出荷直前(2011年)

〔撮影日時〕平成23年8月22日11時〔撮影場所〕鳥取県北栄町
鳥取県オリジナルの梨の新品種「なつひめ」、「新甘泉(しんかんせん)」の目合わせ会の様子です。
いずれの品種も、鳥取県内のみで栽培されている新品種です。流通量はまだ少ないですが、とっても甘くて美味しい梨ですので、見かけたらぜひ食べてみてください。

三星上將梨採收季 甜美香味蝴蝶也愛

夏のフルーツ祭り【甲府市】(フルHD映像)

風土記の丘で開催される「夏のフルーツ祭り」。このお祭りでは、梨をメインに桃やぶどうなどの果物の直売を行っています。中道地区では、梨に袋がけをしないため、たくさんの陽を浴びた糖度の高い梨が育ちます。会場では中道で収穫された梨を目の前で剥いてくれ、試食しながら買うことが出来ます。今年は去年以上のお客さんで、用意していた梨があっという間に完売。また、近くの農園では、梨の収穫体験も行われました。山梨県でも珍しい梨のお祭りを映像でお楽しみください。

Shares

x

Check Also

x

Menu